人形の着物

人形の着物を縫っています

私は趣味でいろんなドールを集めています。

 

ブライスなどの現代ものから、アンティークドール、市松人形など古いものまで幅広く楽しんでいます。

 

 

 

その人形のために着物を縫ってあげようと思い立ち、図書館で作り方の本を借りてきました。

 

着物用の生地は、リサイクルショップで買ってきた子供用の着物をほどいて使うことにしました。

 

丁寧に解いてシミなどのなかった袖の部分を使うことにしました。

 

今まで洋服は縫ったことがありましたが、着物は初めて!

 

まず、おくみ、ゆき、身八つ口など和裁独特の用語からして分からないので本やネットで調べながら進めました。

 

型紙を作って裁断をし、印を付け、まず下準備が完了です。

 

絹の手縫い糸を使って縫い始めましたが、サイズがとても小さいので縫うのが大変です。

 

しかも針目が細かいので目がしょぼしょぼしてきます。

 

袖や襟を付けるのがちょっと難しかったですが、今日どうにか完成しました。

 

モデルさんに着せて満足、満足。

 

大人になってからの人形遊びもなかなか楽しいものです。