渡り鳥

渡り鳥が帰っていきます

私の住んでいるところでは、春になるとこの時期は北へ帰っていく鳥たちをよく見かけます。

 

鳥インフルエンザが懸念されていますが、決められた場所以外で餌やりしないとか不用意に近づかないとか、マナーさえ守れば大丈夫だと私は考えています。

 

先日見たのはカモと思われるあまり大きくない渡り鳥の大群でした。

 

たそがれ時の空、まだ雪をまとった連山をバックに100羽近くもいたでしょうか。遠目に見ると、列の形を変えながら飛んでいく大群はまるでうねる龍のよう。それがどんどん近づいてくるのです。呼び交わす鳴き声も大きくなってきます。あっという間に私の頭上は鳥だらけになりました。すごい迫力!

 

医療事務資格の取得と種類

 

渡り鳥には独自のルートがあるそうです。彼らは人間に見えない帰り道を見据えてひたすら飛んでいきます。なんだか健気に思えます。

 

今夜はどこかの畑に一夜の宿をするのでしょう。目的地はまだまだ遠いはず。「また秋に会おうね」と心の中でつぶやきます。